<   2012年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ヤスとユキヒコに感謝!

サッカーって楽しいなあと思わせてくれた試合でした。
本当はマツとのお別れのゲームで寂しかったり悲しかったりするのかなあって思っていましたが、終始笑顔笑顔の楽しいゲームでした。
f0056435_2135122.jpg

No.3が浮かび上がる美しいピッチ。
今回は初めてメインスタンドからでした。
f0056435_215943.jpg

参加選手、スタッフ全員による人文字。

結局のところ、まだマツがこの世にいなくなってしまったっていうことがうまく理解できていない。

ただ、今までよりも少し実感できたのは、
こんな楽しいゲームの中に大暴れするマツがいなかったってことでしょうか。

それだけはなんだかさみしい感じがしました。

サッカーって楽しいなあ。
って感じた時にこのゲームを思い出すことができれば、マツを思い出すことができれば、それは素敵なことだなあと。

ヤスとユキヒコに心から感謝なのでした。

※追記① ドゥトラは相変わらずスペシャルだったなあ。格安で来てくれないですかねww
※追記② とある松本サポとお話ができたんですが、マツに対する熱い気持ちと深い感謝を聴かせてもらいました。
[PR]
by daru883 | 2012-01-23 21:14 | 横浜非武闘系2階派

去る者追わず来るもの大歓迎!!

さあ、新しいさんが来ましたよ!

富澤清太郎選手 移籍加入のお知らせ

この度、東京ヴェルディ所属の富澤清太郎選手の移籍加入が決まりましたので、コメントと併せてお知らせいたします。

■富澤清太郎選手コメント
「この度、ご縁がありまして横浜F・マリノスに移籍することとなりました。生まれ育った街でプレー出来ることに心から喜びを感じています。今日まで培ってきた技術と気持ちを込めて精一杯戦い、チームに貢献したいと思います。」


日吉っ子!
間寛平さんに似てるからカンペーなんだって!
確かに似てる!!
来るものは大歓迎! ぜひともポジション争いを激化させてください。
フィードの得意なCBは非常に待ち望んでいました!

それから
2012年度 契約更新選手について
横浜F・マリノス所属、MF中村俊輔選手、GK榎本哲也選手、MF森谷賢太郎選手、
MF谷口博之選手、MF狩野健太選手が、2012年度の契約を更新いたしましたので、お知らせいたします。

うほあっは~!
今年はぜひとも健太とスーペルで切磋琢磨しまくって俊輔のポジションを脅かしまくってもらいたい!
そして、それに負けるものかと神業出しまくる俊輔が見たいね!
哲っちゃんもありがとね! 飯倉がすごいけど、ガンガン攻めてって。若い子もくるからしっかり育ててあげてください!
タニ君! 二人目のお子さんおめでとう! 奥さまのブログで息子さんの写真が出てたけど、マリノスのシャツ来ててすごくうれしかった!

うれしいなあ。うれしい。
みんな、今年も一緒に頑張ろう!

それから
アーリアと千真。
今までありがとな。
きっと向こうに行ってもポジション争い厳しいと思うし。
まあ頑張ってくれ、うちとやる時以外はな。
それから
秋元。
初めて見た時はすっごいキーパーだと思って。飯倉よりもすっごく期待してた。
本当にね。けがさえなければなあと思ってしまうよ。
愛媛で頭角現して、どんどん上目指していってください。

去る者追わず
来るもの大歓迎!!
の季節ですね。

f0056435_202751.jpg

[PR]
by daru883 | 2012-01-08 20:27 | 横浜非武闘系2階派

【個人宛エントリ注意】鞠男さんあてレスポンス

>読者さま方
 このエントリは2つ前のエントリ「木村監督解任について思うこと」に対してコメントをくださった鞠男さまへのレスポンスです。

>鞠男さま
大変に長文なコメントありがとうございました。
こちらとしてもレスポンスをしたいところですが、長くなってしまいコメント欄に表示するのが適当ではないと思いましたので、改めてエントリを投稿しました。
その点、ご理解ください。
また、非常に辛辣なコメントが多々ありますので、もしそれを嫌われるようであればあのブログ主は返信しなかった、ふざけんなということにしてスルーしてください。
長文なコメントをいただいたことについては本当に感謝しています。
ファン・サポーターが少しづつでもしっかりと自分で考えていくことがマリノスを強くする一つの道であると私は信じています。

もちろん。
それぞれ考え方の違いというものがあるということは私も常々そう言っている者ですから、その点は理解しております。
あと、基本的には憶測・推測でモノを言うことを好みませんので、はっきりした事実をもってなるべく話をしたいと思っています。
その上で、以下の通りレスポンスいたしますね。

①について
監督の解任について、今季のチーム状況から妥当という点についてはどうしても理解できませんでした。
このチームは一体どのくらいの結果を残せば監督を続けることができるのでしょうか。
リーグ戦5位、天皇は準決勝進出という結果は、今のマリノスの戦力および監督の年棒を考えれば出来過ぎと行ってもいいかと思います。
むしろ、その上でACL出場という目標、監督に至ってはタイトル奪取という目標を掲げたことが最大の失敗だったと思います。
樋口監督についてはベストな選択だとは思っていません。ただし、現時点ではベターだと思います。
今さらバタバタと後釜を探すくらいなら継続性を重視したほうがいいでしょう。
ただし、おっしゃられる通りここまで監督とともにやってきた人ですから、いわば総理大臣が不信任をうけて官房長官が組閣し直したようなもんです。
今季は仮に木村監督3年目となった時には背水の陣でしっかりと結果を出してもらいたいと思っていましたので、樋口監督にはその覚悟で臨んでもらいたいと思います。
②について
推測でモノを言うのは好みませんので、表に出てきている事実のみで考察します。
私が言いたいのはああいうコメントをするなということではありません。
また鞠男さんのおっしゃるように監督の求心力がないから、マスコミを使ってチームに対する危機感を表明しているという意見は一般的に考えて妥当なご意見とは思えません。
だったら直接言えという話ですね。
普通に考えて一般に社会人として生きている人間が上司に対する求心力がないからと言って直接意見することを避けるなんていうことは考えられないと思いますし、プロスポーツ選手として一般の人たちよりもシビアな世界で行きていればなおさらだと思います。
憶測は嫌いですが、サポーターの中には監督と選手間のコミュニケーションが取れていないという方もおられました(何を根拠としているのか理解しがたく、私は採用しない意見ですが。現に監督解任の際の栗原選手のコメントなどはむしろそれを覆すものではないかと思います)。ですが、それを理由にマスコミを使って意思を伝えるなどというのはあまりに稚拙というか、プロ選手どころか一般社会人としても未熟だと判断します。あるいは、非常に姑息な手段であると。
中澤・中村といった選手が嫌いなわけではありませんし、特に含みがあるわけでもありません。
むしろ好きな選手です。
ただ、彼らにはもっとチームの中での自分たちの立ち位置を自覚してもらいたい。
彼らほどの選手がああいうコメントを何度もしてしまう。
もちろん、監督・コーチ陣は何をしているのかという話になりますが、彼らレベルの選手が「言うだけなのか?」という感情を私は持ってしまいます。
その状態をこれからチームを引っ張っていかんとする中堅層はどう見ているのか、若手はどう感じているのか、そういったところを意識してもらいたい。
自分たちの中で違和感を感じる状況があったらそれをうまくやっていこうと自分たちから動く。
彼らほどのレベルの人間であればそれができるはずなんです。
あるいは「現役選手である」という部分に限界はあるかもしれません。
しかし、自覚を持ってなんらかの対策をしていれば何度も同じようなコメントを残すことはできないと思うのです。自分たちのやっていることがうまくいっていないことの証でしかありませんからね。もっと自省的なコメントになると思うのです。どうにもあのコメント群には彼らの自己が見えないのです。他人事に見えるのです。
一度ならばともかく二度三度と続くと「戦術、約束事、決まり事については私の関知するところではありません」と言っているようにしか聞こえません。
ピッチの中で持てるすべてを発揮するというのはただ90分サッカーをするだけのことではないと思いますし、監督や他選手をはるかに上回る報酬はそういう部分も含んだものではないでしょうか?
③について
非常に申し訳ない言い方をしますが、やはり私には鞠男さんの考え方は身勝手で都合のいい言い訳にしか聞こえないです。
社長の信念のブレを批判する資格もありません。
というよりも信念のブレに気がつかれていないのだろうということに危惧を覚えます。
多くのサポーターが同様であれば今後も同じことを繰り返し続けるんだろうな、と。

自分たちは選手を信じているから声援をおくれば伝わる。だから、それは自分たちの功績である。
自分たちは社長を信じていないからブーイングをしてもそれは伝わることはない。だから自分たちに責任はない。

これが都合のいい言い訳以外の何に見えるでしょうか?
自分たちの声がピッチに届く、届けようという信念は相手によって出したり引っ込めたりできるのですか?
信じていない相手には届かないというならブーイングなどしなければいいのです。違いますか?
のどを痛めるだけです。
監督のあいさつを聴こうとしていた人の邪魔になるだけです。
どちらもスタジアムを揺るがす一つの物理的現象です。
相手がだれであれそこにあるメッセージを受け取るでしょう。
この手の意見をお持ちの方に多く見受けられるのは、クラブ・社長に対する過剰に感情的な態度です。
そして、非常に申し訳ないながら感情的になっている理由が私には「自分の思い通りにならないから」にしか見えません。
社長以下、会社のスタッフは横浜マリノス株式会社という会社の業績に生活がかかっています。
そうである以上、ある意味我々よりもシビアにマリノスという組織についてあるいはファン・サポーターの思い通りにはならない決断をしなくてはならないこともあるでしょう。
ファン・サポーターからしてみれば確かに考慮してもらいたいことというのはありますし、その意見を伝え、取り入れてもらいたいという思いは私にだってあります。
ただ、彼らとてマリノスというチームの成績に必死であることは間違いないわけです。
それを考えればただ一方的に悪者扱いするような行動に出られることが私には到底理解できません。
はっきり言うと考えが浅いとしか言いようがないのです。
それから今回の件でよく見受けられた「利用された」というご意見については、あるいはそうかもしれないということは私だって思います。
ただ「利用された」と腹を立てるなら「利用されないようにしろ」と言いたい。
その甘さは先述の「都合のいい言い訳」に起因するもので、それを続けている以上利用され続けるでしょう。
相手だけを悪者にして都合のいい言い訳を続ける限り利用され続けるでしょう。
それなりに社会で何かをしている方ならお分かりいただけるかと思います。
もし、まだ学生さんとかであればこれから一生懸命勉強してください。

最終節セレモニーでの監督へのブーイングについてはブーイングした人は本当によく良くよくよく考えていただきたい。その気持ちだけは絶対に譲ることはできません。

そもそも。
木村監督は一緒に戦ってきた仲間じゃなかったんでしょうか?
一シーズンをともに戦ってきた仲間が「一緒に戦ってきたサポーターに感謝の言葉を述べようとしているとき」にあの大ブーイング。
あのブーイングが持つ意味が
木村監督に対する拒絶。
木村監督をともに闘う仲間と認めない。
という意思表示以外の何にとれるか教えていただきたい。

数年ぶりに一度は首位に立ち、首位でシーズンを折り返し、確かに後半戦で失速はしたものの2004年のCS優勝以来の高順位である5位でシーズンを終えたその指揮を執った監督は仲間ではなかったんでしょうか?
ましてや、あのあとにまだACL出場権をかけた天皇杯を残していたにもかかわらず、ともに闘ってきたはずの仲間に対して盛大に拒絶の態度を示すことはサポートですか?

サポートですか?
サポートですか?

もう一度考えていただきたい。

社長のせいにして、彼のみを悪としておけばそれはそれは楽でしょう。

でもそれは本当に真実ですか?

最後にもう一度聴きます。

あのブーイングは

本当に

サポートですか?

横浜F・マリノスという私が大好きなチームにとって

何のメリットがありましたか?

本当にサポートですか?
[PR]
by daru883 | 2012-01-07 23:54 | 横浜非武闘系2階派

年は開けましたが特にめでたくもありません

もうすっかり、年明けは3月となってしまっただるっちです。
そうはいっても、世間一般的には年が明けたということなのでおめでとうございます。
まあ、なんていうか。
楽しい一年になると良いですね。

ところで行ってまいりました。
国立競技場。

やはり国家独唱は上手な方に任せるに限りますね。
http://www.youtube.com/watch?v=g1qg5v6E1zw
この動画は違う時のものですが…。
まあ、ぶっちゃけ。
美里っちゃんの国家独唱を聴きに出かけたようなもんです。
(ファンゆえに)

っていうか、天皇杯決勝を見る勇気はなかったですよ。
みた方も結構いらっしゃるようですが、見る勇気なかったですよ。
死ぬほど悔しいに決まってるからそこに直面できませんでした。
その時はマリノスが決勝進出した時に取っておきます。(という言い訳のもと、国立競技場を後にしました)

で何してたかっていうと。
そのまま新宿まで歩いて…
某スーツ屋さんでカッターシャツの福袋買いました。
いつもの僕だったら絶対に買わないようなシャツとかネクタイとかでも福袋なら仕方ない!
となるかもしれないという構想のもと、新たな地平を開拓せんとて!!
結論!
至って普通でした…ww
f0056435_1143373.jpg

なんていうか、いつも通りの僕ですね、これは。
もっとなんか、チェックのカッターとか!
紫のネクタイとか!
あり得ないのを期待してたんですけどねえww
まあ、これで5,250円!!
ラッキーということにいたしましょう!

ではでは!
[PR]
by daru883 | 2012-01-02 11:44 | 横浜非武闘系2階派


横浜F・マリノスを応援しています。なお、ときどき北九州。


by だるっち

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

----横浜F・マリノス----
<チーム・スタッフ>
●横浜・F・マリノス
●日産スタジアム
●トリコロール日記
●Tricolore Mermaids
●Kubota Takeharu.com
●KICK OFF F・Marinos
●はる色日記(鷲尾春果)
<選手>
●GUAPO(中村・狩野)
●솟구치는열정이느껴지는가!
●YUZO KOBAYASHI official blog
●天野日記~Do my best~
<サポーター>
●FMBH.jp
●横浜無敵艦隊司令部
●malicia web
●栗原勇蔵事件簿
●ハマトラSNS
●さっかりん
●横浜熱闘倶楽部

---ギラヴァンツ北九州---
●ギラヴァンツ北九州
●Splash
●水風呂 沸いてます!
 (水原大樹)

●冨士祐樹オフィシャルブログ
●池元友樹オフィシャルブログ

---過去に在籍した選手---
●よーすけダイアリー(斎藤陽介)
●こーじのblog(山瀬功治)
●雨のち晴れ(古部健太)
●奥大介オフィシャルブログ
●OSHIMA.net
●hayuma.com
●本橋卓巳オフィシャルサイト
●佐藤由紀彦オフィシャルブログ
●ボールは友達 (大橋正博)
●ISHIKAWA NAOHIRO
 OFFICIAL WEB

●RYOSUKE KIJIMA
 OFFICIAL SITE

●Wonder of This Life
 (永井秀樹)

●Tonoike.Net
●やっちゃんブログ
  (安永聡太郎)

●遠藤彰弘オフィシャルブログ
●中西永輔オフィシャルブログ
●北野翔オフィシャルブログ
●nice to meet you (平野孝)
●IHARA-MASAMI.com
●FCHUMA STYLE(金田喜稔)
●久保田勲オフィシャルブログ
●信義心 (小野信義)
●ドグちんのブログ
●平間智和のブログ
●YUTO ONO 23(小野悠斗)
●蹴球的心(丸山良明)
●CABEZON(小村徳男)
●GO AHEAD! FLY AWAY!
 (佐伯日菜子)

●福岡サヤカオフィシャルブログ
●有限会社シュート
●Sincerely yours (重光貴葵)
●長谷川太郎オフィシャルブログ
------そ の 他------
●東京食い意地~ぬ!!
●しゃめびより。
●だるっちの本棚
●ごはんできたお(・o・)ノ
●財団法人日本サッカー協会
●Jリーグ公式サイト
●J's GOAL
●日本フットボールリーグ
●Jリーグ選手協会

♪♪♪

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

カテゴリ

全体
横浜非武闘系2階派
ギラヴァンツ北九州
マリノス&ギラヴァンツ
蹴球一般
W杯
未分類

タグ

(176)
(77)
(67)
(65)
(59)
(38)
(32)
(31)
(16)
(16)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(5)
(3)
(2)

最新の記事

このブログについて
at 2015-12-31 23:59
SAYONARA国立競技場
at 2014-06-03 23:47
ハマ風を背に受けて羽撃け、学..
at 2014-05-21 22:12
そっと記憶のふたを閉じたい気..
at 2014-05-10 20:47
咲いた咲いたトリパラ咲いた♪..
at 2014-05-03 21:13

以前の記事

2015年 12月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
旅行・お出かけ

画像一覧