タグ:2010 ( 32 ) タグの人気記事

サポーターズカンファレンスの感想

最大の感想は
「サポーターカンファレンス」
だと思っていたものが実は
「サポーターズカンファレンス」
だったということだ!!

まあ、冗談ですけど。

クラブ公式サイトでサポカンの議事録が公開されました。
サポーターズカンファレンス議事録について

当日参加できなかった方はぜひ読んでみていただき、いろいろと考えてみてください。
参加された方も当日を思い出しながら、いろいろと考えてみてください。

そして、今回のカンファレンスの準備・運営を行ってくださったクラブスタッフ、ファン・サポーター側準備担当の皆さんに心から感謝します!

本当にありがとうございました!
感謝のトリコロールです。

本当は議事録が要約されたものであれば、できる範囲で補足記事を書いて行こうかなと思っていたのですが、公開された議事録は1、2のオフレコ条項を除けば完全に書き起こしのものだったので、More以降に私が当日あの場で感じたことやあの後考えたことなどを書いてみようかな、と思います。

で、弱気なんでご意見ご質問いくらでもお待ちしていますとか忌憚なきご批判をとか怖くて言えないので、できれば次のような方は目をつぶってズサ~っとスルーしていただきたかったりとかなんとかします。
①議事録上で発言されている方について批判している部分が必ずあります。それについて、許せないという方。
②特に松田選手の復帰についての発言のあたりでは復帰絶対派の方には不愉快なことがあるかもしれません。っていうか、あります。
③自分の考え方以外、絶対に認める気もない方。

それでも読んでくださる方はどうぞMoreをぽちっと…
する前にですね。
これを機会にいろんな方のブログやら何やらを見ていただいていろんな意見を目にしてみてください。
そして、More以降の私の意見について「うんうん、そうだよね」と思ってくださった方! 
是非、一度私の意見を否定してみてください。「本当にそうか?」と。
「そうじゃないだろ~~」と思った方! 
是非、一度私の意見を肯定してみてください。「そうかもしれないね」と。
なんてことを繰り返しながら、いろいろと考えていく先になんとなくあなたと私と横浜F・マリノスの素敵な未来があったりするんじゃないかな、とか綺麗事を言ってみたりもするのです。
臆病者だからwww

あと、実はネット番長な私なので実際にリアルでお会いした方って全くいらっしゃらないと思うんですね。
ここ最近ツイッターなんかで仲良くさせていただいたりしていますが、そんなわけなんでもしよかったら私はこんな感じでマリノス見てますよって言う感じのエントリがありますので、お暇なら読んであげてください。

横浜非武闘系2階派

それでは、どうぞ。ぽちっとな。

More
[PR]
by daru883 | 2010-12-15 23:07 | 横浜非武闘系2階派

サポーターカンファレンスにむけて

サポーターカンファレンスの詳細が決まりましたね!
http://www.f-marinos.com/tools/page_store/news_4655.html
http://supporterconference.jp/

ここまでの準備に相当の労力を費やしたであろうクラブスタッフ、ファン・サポーター側準備担当の皆さんに心から感謝します! ほんとうにありがとうございます!

建設的で前向きなカンファレンスにするためにも、皆さん一人ひとりが(限られた時間ではありますが)じっくり考えていい意見・質問を出していきましょう!

といったところで、私の事前質問・意見について以下に記してみます。
(なお、本日代表の方にメール送信済みです。)

私が重要であると考えている順に記載します。

①サポーターカンファレンスの継続的・定期的開催(意見)
今回のサポカンにおいて総ての質疑・要望事項が完結するものではないと思いますし、また今回出されたものがどのように推移しているかといった評価・反省の場があってもよいかと思います。今回ほどの規模でなくても「フロント=ファン・サポーター間の連絡協議会」的なスタンスで良いと思います。
折角、今回こういった一つのコミュニケーションのかたちができたので継続させていく必要があると思います。

②嘉悦社長の辞任発言の撤回(意見)
ここ数年の横浜F・マリノスの低迷の一因として社長・監督等、クラブ首脳陣の頻繁な交代があるのではないかと考えています。私が望むのは中・長期的視野によるクラブ経営の安定化、チーム力の強化です。
重要なのは来年ACLに出場することではなく、将来的に強化されたクラブ・チームで安定的にACL・CWCに出場することであると思います。
「ACL出場権を逃したら辞任する」ではなく、「ACLに出場できるクラブ・チーム作りに全力を賭す」と思っていただきたい。武士の二言になるかもしれませんが、ぜひ、撤回していただきたい。

③情報漏洩について(質問)
契約交渉の状況などがクラブ公式発表以前に新聞等マスコミに報道されてしまうことについて、以下の3点を質問します。
 Ⅰなにが原因なのか(情報漏洩なのか、ただの発表手法の問題なのか等)
 Ⅱ原因の如何を問わずそれについてどのような見解をクラブとして持っているか
   (問題であるとしているのか否か)
 Ⅲ問題であるとしているならば問題点・発生原因の追求、今後の対応策を示していただきたい。

④チームの強化方針についての評価・反省(質問)
05年以降、チーム強化について行ってきた計画の評価・反省および現行の強化プランとの関係性(評価・反省に基づくものならばそこからどのような分析をし現行のプランとなったか、基づくものでないならばなぜ継承しなかったか等)を示していただきたい。

⑤クラブフロントサイドの意見・提案(質問)
クラブフロントサイドからファン・サポーターで理解を求めたいこと、意見したいことなどを列挙していただきたい。

以上、5点が私からの意見・質問になります。
あらためて見ると後半戦息切れしてるなあwww

ただ、これはあくまで私個人の意見・質問なのでまああくまでご参考と言ったところです。
皆さんの考えの一助となればいいかと思います。

一人ひとりの意見は個人的なものだったり、小さなことだったりするかもしれませんが、そういった一つ一つの事柄があるということを知ってもらうだけでも大きな一歩だと思います。
とりまとめをしてくださっている代表の方には大変な負担になるかもしれませんが、そういった一人ひとりの声を上げていくことが大事なんだと思います。

もちろん、その意見が反映されるかもしれないことを前提に真剣に向き合って考えないといけないと思いつつ、上の意見・質問をまとめてみました。

当日は私も可能な限り参加したいと思います。
何事も起きないことをひたすら祈るのみですがww 

まあ、あれだ。
きっと明日は明るい日!
[PR]
by daru883 | 2010-12-07 22:02 | 横浜非武闘系2階派

それでも明日は明るい日だと信じている。

ずいぶんと放置してましたくせにこういうときだけエントリしちゃうせこい俺です。

いろいろ考えてぐだぐだ書いたけど、やめちゃった。

ここ一週間の俺のぐだぐだはツイッターに凝縮されてます。
興味があればこちらをどうぞ↓
http://twilog.org/darutti

言わなきゃならんことをまず最初に。

別れ行く選手たちにありがとうを。
彼らと共に過ごした日々は本当に素晴らしい日々だった。
晴れの日も雨の日も。
素晴らしい最後の別れをセッティングしてくれたゴール裏の面々、スタッフの皆さんに感謝を。
今まででは考えられない最高の別れができた。
本当にありがとう。

ここから言いたいことを。

サポーターカンファレンスの場が設けられるとのこと。
そこまでにこぎつけた皆さん、本当にお疲れ様。そして、ありがとう。

が、現状でサポーターとフロントの間には信頼関係が全くないと思う。
そして、それを断ち切ったのはサポーター側だということを感じて欲しい。

対話とは相手の話を聞き、自分の話を聞いてもらうことだと思う。
土曜日、サポーターはフロント側の話を聞かなかった。つまり対話を拒否した。
監督や社長の話が自分たちの意にそわないものだったかもしれないが、だからといって話を聞かない態度は対話の拒否に相違ない。
直樹に呼びかけ続けたかった気持ちはわからなくはない。だけど、あれはやっちゃだめだった。
だけど、過ぎたことを悔やんでも仕方ない。
なんとかサポカンという形でフロントとの間の絆はぎりぎり保たれた。
このチャンスを大事にして欲しい。
感情的になり、同じことを繰り返してはいけない。
憎しみや対立はマリノスに幸せをもたらさないよ。
お互いに理解しあいたい。
フロントに自分たちの思いを聴いてもらいたかったらフロントの話も聞かなくてはだめだ。
それが対話ってことだと思う。

それからサポカンに向けて一人ひとりのサポーターが誰のものでもない自分の言葉で自分の意見を形成して欲しい。
誰かが言っているから、新聞に書いているからではなく、あなたが共に過ごしてきたマリノスを見つめた時に現れるあなたの気持ちをあなたの言葉で紡いで欲しい。
自分の目で見た物、自分の耳で聞いたもの、自分のココロで味わったものを自分の頭で考え、自分の言葉で紡ぎだすことは訓練の必要なことだけど、これからのマリノスを作っていくために絶対に必要なことだと思う。毎日24時間マリノスのことを考えている必要はなくって、トイレの中とか風呂の中とかで自分の思いを形にしてみてください。
こういう言い方すると賛否両論あるかもしれないけど、一人ひとりがサポーターとしてだけではなく人としてもっとレベルを上げていかないといけないと思う。
そうして、本当にマリノスのためになることは何か、一人ひとりが真剣に考えなくてはならない。
おれも俺のできることをできる範囲でがんばる。
だから、あなたもあなたのできることをできる範囲でがんばってください。
それが必ずマリノスのためになる。

確かに嘉悦社長の言葉は胸に響くものではなかったかもしれない。
だったら、彼の胸に響く何かをこちらから伝えたらどうなるだろう?
お互いに響きあうものがあれば、彼からも俺たちの胸に響く言葉が届くかもしれない。

憎しみや対立の時間はここまでにしよう。

それさえできるのなら、明日は明るい日だと信じられる。
[PR]
by daru883 | 2010-12-06 00:55 | 横浜非武闘系2階派

神奈川ダービー? 格が違うよ!

ということで、神奈川ダービー


3連勝!!!

来年はダービー名乗れないね。
格が違いすぎる!

前回の第3節が

今節が


なんだ圧倒的じゃないか。

先制されたのはあれはもうなんていうか出会いがしらのもらい事故みたいなもん。
(とはいえ、毎度CKからやられてるので対策をして欲しい!)

1点目は
俊輔-功治の
ホットライン炸裂!

ここのホットラインが開通したことがいまの好調につながってるよねぇ!
前半のうちに同点に追いついたのが本当に大きかった! さすがはうちの10番だねぇ!
俊輔のパスも技あり!!
2点目の
兵藤さんのドカン!
かっこよすぎです! ドリブルで切り進めて一気にドカン!
ここ最近、特に今節はみんなのミドルシュートの精度が高かった気がする。
しっかり枠をとらえてた! これも毎日のシュート練習の成果かな!!
ダメ押しの3点目!
兵藤の落ち着いたシュート
っていうか、功治の「ほら撃ちな!」とばかりの優しいパスが素晴らしかった!
そして、あそこまでしっかりと走りこんできていた兵藤、ナイスラン!
しかも、落ち着いてしっかりと蹴りこんだところがまたナイス!

ああ、気持ちいいね。ここまできれいに勝ちきると!

なんか川崎さんちが昨日の審判にかなり不満を持っているようですが、それはこっちのセリフ。
昨日の川崎のサッカーの汚さは半端なかった。
っていうか、いつの間に川崎のサッカーはあんなになっちゃったんだろうね。
試合運びの下手な鹿島みたいな。
試合前にサポの皆さんが推しまくってた
コミなんとか
いう左サイドの選手も大したことなかったし。
高校生をファウルでしか止められないCBとか(あれは得点機会阻止で赤紙だっつーの)
要するに外人頼みで外人がスネると全く空回り
(まあ、2-1の状況でに出てこられたら怖かったww)

まあ、いいや。
勝ったし!

何のかんので2位まで勝ち点3差!
いつの間にか

優勝戦線にからんでる!!


ああ、うれしいなぁ。たのしいなぁ!

ということで
完勝なのでした!!

追記:いつも川崎さんが勝つと流しているB'zの「BANZAI」 B'zファンとしてはかわいそうなので、代わりに私が歌っときました。(ちなみにリンク先の映像は日産スタジアムでのライブの様子です。)
[PR]
by daru883 | 2010-09-12 20:45 | 横浜非武闘系2階派

ありがとう、学! おめでとう、学!

学、初ゴールおめでとう!
f0056435_15102739.jpg

湘南戦の学を見て入れば、今日のゴールは必然ともいえるでしょう。
キレてる!
監督も自信を持って学を使えると言っているし、チャンスはこれからもどんどんまわってくる!
頑張れ、学!
そして、ありがとう。
どうやら首の皮一枚残したよ!
※坂田さん、頑張って!

内容自体はあまり良くなかったみたいですね。
それでも、こういう時にどうにか追い付いて勝ち点1を重ねることができることはいいことだと思う。

さあ、次はホーム。
浦和を打ち破っていこうじゃん! 最高の場所へ!

思いは一つ、国立へ!!!

※勝ち点計算 これであってる?
要するに、清水、山形、磐田、うちの4チームに絞られたわけですね。
清水はもう試合ないので勝ち点11で確定。
山形と磐田が勝ち点10だけど、ここは直接対決なので、勝敗がついてくれるとどっちかが勝ち点10で確定。そして、うちは浦和に勝てば勝ち点11で確定。
そこで得失点差の勝負になるわけですが、清水+3、山形+5、磐田+2、うち+3なわけですから。
山形がなるべく磐田に差をつけて勝ち、うちが浦和に差をつけて勝つというのが理想ですね。
これで、
①山形勝ち
1位:山形 勝ち点13 得失点差+5↑
2位:横浜 勝ち点11 得失点差+3↑

3位:清水 勝ち点11 得失点差+3⇔
4位:磐田 勝ち点10 得失点差+2↓
②磐田勝ち
1位:磐田 勝ち点13 得失点差+2↑
2位:横浜 勝ち点11 得失点差+3↑

3位:清水 勝ち点11 得失点差+3⇔
4位:山形 勝ち点10 得失点差+5↓
③山形-磐田分け
1位:横浜 勝ち点11 得失点差+3↑
2位:山形 勝ち点11 得失点差+5⇔

3位:清水 勝ち点11 得失点差+3⇔
4位:磐田 勝ち点11 得失点差+2⇔
の3パターンになるから、3-0以上の勝ちがほしいところですね!!
水曜日は日スタに集合!!
[PR]
by daru883 | 2010-06-06 15:21 | 横浜非武闘系2階派

良くわからん日本人のメンタリティ

ときどき思うのだが、日本人とはよくわからない生き物だ。

例の釣男案件ですけどね。

悪意に満ち満ちた新聞記事。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100605-00000081-sph-socc
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100605-00000024-ykf-spo
夕刊GOMIのKUSO武司はW杯期間中はじっくりと休暇を取るといいと思う。

海外メディアが多少批判するのは分かるんだけど、日本メディアが擁護しないことが不思議で仕方ない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100606-00000024-spn-socc

Twitter上では某大学の教授が「ワールドクラスの選手に本番直前にけがをさせた闘莉王は出場を自粛すべきだ」などとのたまうありさま……。

以下、その後の私のツイートを時系列で。

・トップかそうでないかという問題ではないし、トレーニングマッチだからというものでもない。どのような試合でも怪我の可能性は付きまとうもの。 RT @※※※※: ドログバがもしワールドカップ本戦に出られないようなケガだったら、闘莉王は出場自粛すべきだと。世界のトップの選手に、練習試合でやるプレーじゃない。
・@※※※※ 今野に対するプレーもかなり悪質でしたが、彼が自粛するとは思えない。
・ドログバTLを見ていると日本人って本当に優しくてお人よしだな、と思う。個人的にはかわいそうだが仕方ない。今ちゃんがやばかったらブチギレるが!
・@※※※※ あなたがどれくらいサッカーに詳しいのかわかりませんが、接触プレーもサッカーのうち。今野を痛めたプレーもかなりひどかったですが、彼にも自粛を求めますか?サッカーとはピッチ内に終始するもの。擁護する気はありませんが、自粛というのが実に日本人くさくて笑止です。
・昨日の釣男案件について。サッカーよく知らないけどなんかの権威的な人が的外れな発言をすると普通の人はそっちに引きずられる。
・と言える程サッカー詳しいわけではないと自覚はしてるけど、昨日のプレイは質は良くないと思うがドログバもそれなりの覚悟で飛び込んでいるだろうし、審判がプレイを確認してファウルが与えられた以上、それはそこまで。出場自粛せよなどサッカーを知らない失笑ものの愚言。
・昨日の釣男はカード出てますか? 外なので記録が確認できない。
・僕の記憶が確かなら、昨日の釣男にはカードが出ていなかった気がします。出ていたとしても彼がピッチを追い出されなかったという事は最悪でもイエローなわけで今野が痛んだプレイと同等なわけです。ピッチの中ではドログバだろうが今野だろうがメッシだろうが私だろうが同じなのです。(イエローカードが出ていました。)
・たかがトレーニングマッチだろうがW杯の決勝だろうが国際試合には違いないのです。世界的なトップ選手をたかがトレーニングマッチで怪我をさせた罪は重いなどとは笑止千万なわけです。まあ、二試合連続のオウンゴールに苛立っての発言でしょうし、周りの反応でしょうが。
・ツイッターというシステムの特性上、その瞬間の生の感情から来る声がむき出しに表されるのは仕方ないですし、それがツイッターの魅力でもあるわけです。だから、影響力がある人間はよく考えて発言しろなんて野暮は言いません。
・むしろ受け手がよく考えて自分の意見を形成すべきでしょう。その上で出場自粛せよというならそれは立派な意見です。
・ただし、だとしたら公平性の確保として今野を怪我させたプレイヤーも同罪としてください。ピッチの中の選手を左右するのは外野の世論ではなく、ピッチの中を支配するルールです。
・とまあここまで書いたわけだが、要するに言いたい事は物事にはルールというものがあり、つまらない感情論で左右するものではないということです。しかし、この俺が釣男を擁護する日が来ようとは…(笑)恐るべしW杯||(;-_-)|||

まあ、いろいろ書いてそして勘違いしている部分もところどころあるのだけど。

ようするに。
日本人って変な生き物だなぁと……。

しかし、ここまで私が彼を擁護するなんて奇蹟。
もはや名古屋からいくらかもらってもいいレベルだと思うwww
[PR]
by daru883 | 2010-06-05 23:51 | W杯

将軍の開幕・若武者の奮起

味方を鼓舞し、叱咤し、
敵を恫喝しwww ついでに突き飛ばしwww

さすがの貫録の

将軍様の帰還!!!

f0056435_2042292.jpg

貫録でしたね。
試合勘があやしかったのは前半くらいで、ただ後半に入ってからもそんなに調子はよくなさそうでしたが、そこは松田大将軍、
オーラでサッカー!
してましたね!

ゲーム中はやんちゃしていた相手の23番君も最後には将軍様に深々と頭を下げて帰って行きました、とさwww

そして、若者も頑張った。

学の素晴らしいドリブル!

は再三、再四相手のDFラインをかき乱した。
これは今試合で初得点行くかな、と思ったけどまあそれは次にとっておきましょう。
あの出来ならきっと和司監督も次のチャンスをくれるでしょ!

そして、
金井君プロ初得点!
f0056435_20534864.jpg


ごっつあんゴールだとかバカぬかしてるやつがいたんで、
「これをごっつあんゴールとかぬかす奴は馬鹿だよ」って言っといたよ、知らないオッサンだったけど。
長い距離をあそこまで走りこんで好機を逃さない。これがSBの仕事じゃなくてなんだというのよ!

彼らだけではなく、DFでは無双の強さを見せつけて、3点目は気合のアシストを決めてくれた勇蔵さん。
松田、勇蔵と安定した守備をしていた小椋。
フォロワーさんいわく、良い清水ではなく素晴らしい清水だったジローさん。
再三、再四相手ゴールを脅かし続けついには3点目を奪った千真!

みんな素晴らしかったよ!

さあ、行くぜ!

決勝トーナメント!
[PR]
by daru883 | 2010-05-31 20:58 | 横浜非武闘系2階派

三ツ沢大入り! でもドロー。

む~。
悔しいっすねぇ。

いいところもあったと思うんですよ。

俊輔のあのトゥキックはすごかった。
ドリブルとかのキレはまだ戻ってきてないけど、一瞬のひらめきとかパスの精度とかはかなり復活しているのでは!

健太のキープからの展開力もよしよしです。

これでJリーグは一時中断に入るわけですが、前半に見つかったいろんな課題を克服して後半戦に臨んでほしいですね!

本田△じゃないですけど、優勝争いではなく優勝を!
[PR]
by daru883 | 2010-05-18 20:20 | 横浜非武闘系2階派

マリサポ Presents! 天野貴史大感謝Day!!

f0056435_0161053.jpg


これほど、サポーターに愛されている選手はそうそういないと思う。

2003年のACL ペルシクケディリ戦だったと思う。
まだ、ユースの天野っちが出場。
(まあ、サテ&ユース中心のチームだったんだけどね)
相手のラフな辺りに小さな体を飛ばされながらも食いさがり食いさがり、めげずにサイドを駆け上がっていた姿を思い出す。

あれから、7年。
小さな高校生は小さな大人になって、そしてプロのサッカー選手になった。
あのとき一緒に出ていたユースの選手はみんなマリノスを離れて行った。
マリノスのユースにいるからにはマリノスのトップにあがることが夢だったはずだろうけど、生き残れたのは天野っちだけだった。

持ち前の明るさと根性と運動量と(実は鋼の肉体)で体の小ささをカバーしてきた。

いつでも全力でプレーする姿。
たとえ体は小さくても、体の大きさだけでサッカーをしているわけではない。
そんな気持ちが体からみなぎって、一回り大きく見せてくれるくらいの気迫がある。
「こんな(背が)小さくてもできるんだぞ、というのを見せられてよかったです!」
きっと、今までずっとサッカーを続けてきた仲で、ずっと思い続けていたことなんだろうなぁ。

背が小さくたってサッカーはできるんだ!!!


そんな天野っちだから、サポーターから愛される。

天野っちのゴールが決まった瞬間のスタンド。
あんなに湧きかえるスタンドを作れるのは天野貴史だから。
トリコロールの血が流れてるんだよね!

初ゴール、おめでとう!!


みんなみんな笑顔だった。
そして、きっと笑顔の陰でうれし涙を流していた。

というわけで今日は

マリサポ Presents!!


天野貴史大感謝Day!

それぞれのスタイルでそれぞれの祝杯やら祝スイーツやらで祝ってあげましょう!!

「こんな(背が)小さくてもできるんだぞ、というのを見せられてよかったです!」
天野貴史



追伸:ところで、天野っちだから聞けそうなのでファンメールでもしてみようかと思うんですが、「ハーバー一年分はどうするんですか? キクマリで報告もとむ!」

胃袋からの目線
今回はかもめ軒さんから2つ!
f0056435_23543183.jpg

まずはラフテー丼
結構大きめの三枚肉の煮込み(沖縄料理で言うところのラフテーですね)がどどんと三枚のっかってます。
けっこう、ボリュームたっぷりです! (たぶんレトルトとかじゃないと思うんだけど、どうだろう??)
ご飯もスタ飯にしてはしゃっきりしていてうまい。 甘辛いたれがもう少しご飯にしみこむくらいかかっていると完ぺきだったけどね~~~www
というわけで星3つです!
☆☆

f0056435_23545135.jpg

その2はジャンボシュウマイ
結構でかいシュウマイが4個入ってます。そうするってぇと結構なボリュームです。
しかも、でかいだけでなくてうまい!
お店で蒸籠で蒸しているからふっくらしてるし、ホカホカだし!
埼陽軒よりも少しさっぱり目ですけど、決してそん色ないうまさです。
(こういう場合作り置きかなんかで皮がべちょべちょしがちですが、そんなこともない!)
まさか、ここでこれほどおいしいシュウマイに出会おうとはって感じですね!
シュウマイとしては3.5星評価ですが、これにスタジアムで出会えた驚きということで
星5つです!!!

★★★★

[PR]
by daru883 | 2010-05-02 00:16 | 横浜非武闘系2階派

くやしいね。

悔しいけど、完敗です。

こちらのやりたいことをあちらにやられてしまいました。

言いたいことはたくさんある。
なんといってもサッカープレイ経験のない僕なので、素人目だけど。
・どうして俊輔を変えなかったの?
とか
・中澤さん、くたくたじゃないですか?
とか
正直、日本代表であるということは誰を差し置いてもどんな状態でも出場できるということではないと思うんです。
もちろん、そこにはいろんな思惑とかなにやかやがあることもわかるんですけどね。
(二人が嫌いなわけじゃないよ~~!)
(みんなに「君は健太に甘いから」って言われるけど、後半は健太スタートでよかったんじゃ……)

とかとかとかとか、あるけど!

まあ、それもこれも含めてサッカーだ。
喜怒哀楽を直に感じながら、楽しもうじゃないのよ。
大げさに言うのなら
「生きてるって感じがするだろ?」
ってことさ。

悔しいけど、鹿島のサッカーは一貫しているし、完成しているし、メンバー変わっても安定してるんだよね。
しかも汚いところが年々薄れて行っているのがさらにむかつく!!
(なにしろ、一番鹿島くさいのが生え抜きではない新井場っていうのが……)

まあ、でもいいところもあった。(あくまで素人目なので、違ったら教えてくださいまし)
・ここ数戦中盤をしっかり底支えしている小椋
とか
・山形戦から守備意識を根底に攻撃参加していると思われる裕介
とか
・久々ゴールの千真(去年との違いはゴール前で悩んでるかどうかだと思う。昨日のゴールは思い切りのいいシュートでした!!)
とか
・坂田のフリーランニングは効いていた。
とか
・功治は今季、本当にキレキレ!
とか
・交代で入ってきた健太がとにかく「前へ」という意識が強かったこと
とか

出来上がっている鹿島と違ってうちはまだまだこれから作り上げていくチーム!
そんなところも楽しみにしているんだぜ!!!

胃袋からの目線
は、今回お休みです。
なにしろ、四万人も入ったので売店も混みこみで並ぶ気力なし!
あえて言うなら、穴場的にすいていた(良いのか??)「M・Cafe」の生ビール。
やっぱ、ビールは生でございます!1

しかし、四万人も入ると活気が違いますね!
それは本当にうれしかった。10年見てるけど、優勝がかかっているわけでも開幕でもなく浦和戦でもなく、あんなに日産スタジアムが埋まっている姿はうれしい限り!

昨日は負けてしまったけど、サッカーはまだまだ続くし、マリノスは今成長中のチーム!

もし、昨日初めてあるいは久々見に来た人がこれを読んでくれているのなら、また来てください!

マリノスというチームの成長を一緒に楽しみましょう!!
[PR]
by daru883 | 2010-04-25 14:02 | 横浜非武闘系2階派


横浜F・マリノスを応援しています。なお、ときどき北九州。


by だるっち

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

----横浜F・マリノス----
<チーム・スタッフ>
●横浜・F・マリノス
●日産スタジアム
●トリコロール日記
●Tricolore Mermaids
●Kubota Takeharu.com
●KICK OFF F・Marinos
●はる色日記(鷲尾春果)
<選手>
●GUAPO(中村・狩野)
●솟구치는열정이느껴지는가!
●YUZO KOBAYASHI official blog
●天野日記~Do my best~
<サポーター>
●FMBH.jp
●横浜無敵艦隊司令部
●malicia web
●栗原勇蔵事件簿
●ハマトラSNS
●さっかりん
●横浜熱闘倶楽部

---ギラヴァンツ北九州---
●ギラヴァンツ北九州
●Splash
●水風呂 沸いてます!
 (水原大樹)

●冨士祐樹オフィシャルブログ
●池元友樹オフィシャルブログ

---過去に在籍した選手---
●よーすけダイアリー(斎藤陽介)
●こーじのblog(山瀬功治)
●雨のち晴れ(古部健太)
●奥大介オフィシャルブログ
●OSHIMA.net
●hayuma.com
●本橋卓巳オフィシャルサイト
●佐藤由紀彦オフィシャルブログ
●ボールは友達 (大橋正博)
●ISHIKAWA NAOHIRO
 OFFICIAL WEB

●RYOSUKE KIJIMA
 OFFICIAL SITE

●Wonder of This Life
 (永井秀樹)

●Tonoike.Net
●やっちゃんブログ
  (安永聡太郎)

●遠藤彰弘オフィシャルブログ
●中西永輔オフィシャルブログ
●北野翔オフィシャルブログ
●nice to meet you (平野孝)
●IHARA-MASAMI.com
●FCHUMA STYLE(金田喜稔)
●久保田勲オフィシャルブログ
●信義心 (小野信義)
●ドグちんのブログ
●平間智和のブログ
●YUTO ONO 23(小野悠斗)
●蹴球的心(丸山良明)
●CABEZON(小村徳男)
●GO AHEAD! FLY AWAY!
 (佐伯日菜子)

●福岡サヤカオフィシャルブログ
●有限会社シュート
●Sincerely yours (重光貴葵)
●長谷川太郎オフィシャルブログ
------そ の 他------
●東京食い意地~ぬ!!
●しゃめびより。
●だるっちの本棚
●ごはんできたお(・o・)ノ
●財団法人日本サッカー協会
●Jリーグ公式サイト
●J's GOAL
●日本フットボールリーグ
●Jリーグ選手協会

♪♪♪

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

カテゴリ

全体
横浜非武闘系2階派
ギラヴァンツ北九州
マリノス&ギラヴァンツ
蹴球一般
W杯
未分類

タグ

(176)
(77)
(67)
(65)
(59)
(38)
(32)
(31)
(16)
(16)
(15)
(15)
(12)
(9)
(8)
(8)
(7)
(5)
(3)
(2)

最新の記事

このブログについて
at 2015-12-31 23:59
SAYONARA国立競技場
at 2014-06-03 23:47
ハマ風を背に受けて羽撃け、学..
at 2014-05-21 22:12
そっと記憶のふたを閉じたい気..
at 2014-05-10 20:47
咲いた咲いたトリパラ咲いた♪..
at 2014-05-03 21:13

以前の記事

2015年 12月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ
旅行・お出かけ

画像一覧